賃貸経営においてペット可物件のニーズが高まっている

賃貸経営を行う上で物件の差別化と長期的に安定させるためのアイデアが求められています。その中で注目されている物件としてペット共生賃貸住宅です。賃貸入居者の30%以上が家賃次第でペットを飼いたいというニーズがあります。ペット共生賃貸住宅の供給が増えればペットを積極的に買いたいという人もいるでしょう。

 

ペット共生賃貸住宅は10%ほどしか供給されていない

ペットと一緒に住みたい人が30%もいる中で、実際にどれくらいが供給されているのかと言うと10%程度しかありません。これから見てみると、ニーズはすごくあるにもかかわらず、供給量が少ないという結果が出ています。ペット共生賃貸住宅はニーズは高いということが言えます。

ペットを飼う事によって子供の情操教育に役立ったり、ペットを家族として迎えたりすることも多いですので、ペットを一緒に住みたいというニーズは高まっていく一方ではないでしょうか。

 

管理は大変だが、入居率アップの可能性が大きい

ペット共生賃貸住宅は需給ギャップが大きいために入居率アップの可能性が高くなるでしょう。ペットと一緒に住みたいというターゲット層をうまく見つけることによって、入居してもらえる可能性が高くなります。物件が見つかりにくいということが予想されますので、比較的長期間の契約が見込まれます。特に供給量が少ないエリアであれば可能性が高くなるでしょう。

しかし、いいことだけではないです。ペットを飼わない層からするとこういう物件に住みたいとは思わない点やペットの臭いや汚れ対策をしっかりと行わなければいけない点、ペットに関するトラブルが起こりやすくなる点などに注意する必要があるでしょう。ペット共生にするための設備を用意するための初期費用が掛かります。

 

ペットクラブと呼ばれる組織と提携する

ペット共生賃貸住宅の設備面についてはそれなりにそろえることが可能なのですが、ソフト面についてはオーナーや管理会社だけの努力ではどうにもならないことがありますので、ペットクラブと呼ばれるペット飼育者をサポートする団体が提携する形で請け負うことも多いです。

ペットクラブの支援というのは、賃貸住宅でペットを飼育するに当たっての注意事項やペットを含めた形で入居審査、ペットの健康相談、ドッグランの紹介などを行います。こういうサービスを提供することにより、ソフト面でしっかりと入居者をサポートしていきます。

 

ペット規約などのルール作りをしっかりとやる

ペットと入居者が共に住むためには、きちんとしたルール作りが欠かせません。そのためのルールと言うのがペット規約に当たります。ペットと暮らす入居者との約束事をあらかじめ取り決めることによって、何をして良くて、何をしてはいけないのかがはっきりします。こういうルール作りを面倒くさがるのであれば、賃貸経営の方法としてペット共生住宅にしないほうがいいでしょう。

ペットの種類や大きさ、頭数と言った住んでいいペットを制限したり、共用部でやってはいけないことを明確化したり、万が一トラブルが起きた時にどのように対処するのかと言ったことをはっきりと規約に盛り込みます。

 

入居者を集められるが、管理は大変になる

ペット共生賃貸住宅は入居者を集めるのにアピールすることが可能ですので、資金に余裕があるのであれば検討してみるのもいいのではないでしょうか。しっかりと物件を管理することは今まで以上に求められます。

カテゴリー

アーカイブ

ピックアップ記事

PAGE TOP