未分類

賃貸経営においてペットを認めるなら、原状回復や敷金のルールを決める

ペット可の賃貸住宅のトラブルの多くは敷金と原状回復の件になります。ペットで汚されたのであれば、きちんと原状回復をしてほしいという風に思うものです。オーナーにとってペット可物件にするということはそれだけリスクを伴うことになります。オーナーが賃貸経営をしていくに当たり、ペットを認めるのであれば、原状回復条件や敷金のルールをしっかりと決める必要があります。

 

敷金は2か月プラスアルファを取ってもいい

敷金と言うのは原状回復をするために使われるお金で、通常であれば賃料2ヶ月分ぐらいを設定するわけで、余ったのであれば返還してくれるお金です。ペット可物件であれば原状回復をするためにお金が余計にかかるケースがありますので、敷金については通常の相場よりも1か月分多めにとってもいいでしょう。少なくとも敷金0にすることだけはやめておきましょう。

ペットを飼育した場合に多少のキズと言うのは考慮してくれるかもしれませんが、クロスや床、建具などに損傷が生じる可能性が高くなり、これらを原状回復するために余計にお金がかかってしまうので、敷金が高くなる傾向にあります。

 

原状回復を行う条件を明記しておく

退去時に借主の費用(敷金が充当される)で原状回復を行う場所やそのための条件と言うのを明確にしておかないと、後になってトラブルになってしまいます。どのような用途で敷金が使われるのかというのを確認するのと共に、敷金だけで賄いきれない場合は超過分を請求できることを確認するべきです。

 

ペット可だからこそ原状回復にお金がかかる

ペット可の賃貸物件では敷金関係でトラブルが起こることがあります。敷金は原状回復のために使用されますので、そのためのトラブルが多くなっているわけです。敷金と原状回復のルールを明確にしておくといいでしょう。

関連記事

  1. 賃貸経営においてペット可は損もあれば得する面もある
  2. 賃貸経営において他の入居者に迷惑を及ぼさない飼育のルールを取り決…
  3. 賃貸経営においてペット可の成功のポイントは周辺に少ないこと

カテゴリー

アーカイブ

ピックアップ記事

PAGE TOP