未分類

賃貸経営においてペット可の成功のポイントは周辺に少ないこと

ペット可の賃貸住宅となるとそれほど多くないのではないでしょうか。ペット可の物件は大きく分けて最初からそういう目的で設計された物件と通常の建物をペット可にしている物件の2種類があり、賃貸経営を考えている地域で2種類ともないというのであれば、希少価値が高くて入居者が集まってくる可能性があります。

 

周辺物件のペットの取り扱いを調査する

ペット可の賃貸経営を予定しているというのであれば、周辺にある物件でペットの取り扱いがどうなのかということを調査しておいたほうがいいでしょう。ニーズを調査するということです。ペット化案件が少ないのであれば、狙い目になるでしょうし、そういう案件が多いのであれば、魅力が薄れてしまうでしょう。

自分たちで容易に調べられる方法として不動産検索サイトを利用する方法があります。ペット可の賃貸住宅がどのくらいの割合であるのかを調べてみて、平均的な10%よりも少ないのであれば、供給量自体が少ないことが予想されるでしょう。また、ペット可住宅とその他の住宅の家賃や管理費の差を確認して、前者の方が高い傾向にあるのならば、ニーズがそれなりにあるエリアです。

普通の建物をペット可にしてあるところはそれなりにあるのですが、ペット可を目的にした建物は少ないのであれば、そういう目的で売り出すのもいいでしょう。具体的にはペットの配慮したものとしてペットシャワーやペットルーム、脱臭器、専用足洗い場、フック、クロスなどを用意する必要が出てきます。

 

需要よりも供給が少ないなら狙い目

ペット可の物件を賃貸経営するというのであれば、ニーズに合ったところに建てる必要があります。建てる前にどのくらいペット可の賃貸住宅があるのかを調査して、供給量が少ないなら狙い目になるでしょう。

関連記事

  1. 賃貸経営においてペット可は損もあれば得する面もある
  2. 賃貸経営においてペットを認めるなら、原状回復や敷金のルールを決め…
  3. 賃貸経営において他の入居者に迷惑を及ぼさない飼育のルールを取り決…

カテゴリー

アーカイブ

ピックアップ記事

PAGE TOP