未分類

賃貸経営において他の入居者に迷惑を及ぼさない飼育のルールを取り決めておく

賃貸経営を行うに当たりペットを飼育するためのルールと言うのをきちんと取り決める必要があります。明文化されていない場合は買主及び住人に迷惑がかからない限りにおいて問題ないという見方が一般的です。しかし、いろいろな住人がいますので、きちんと明文化しておくことが後々揉め事にならずに済みます。

 

ペット可の場合はペットの種類及び数を明記する

ペット可ということをきちんと明記をするというのであれば、犬○匹、猫○匹まで可という風に種類と数まで入れておきましょう。ペット可を認めるペットの種類と数などまで書いておかないと入居者に拡大解釈されてあとで困ったことにもなりかねません。数の制限が無ければ、たくさん連れてくる可能性すらあります。

ペットと言ってもこちらが想定できないようなペットを飼っている人もいるでしょう。普段見ることが無いようなペットを飼っていることによって、住人がびっくりするというようなこともありますので、ペットの種類を限定したり、飼ってはいけないペットをあらかじめ指定するのもいいでしょう。

 

共用部での注意事項もきちんと明記する

共用部でペットが何かするということもあるでしょうから、入居者同士のトラブルを防ぐためにも細かく契約内容を明記することが大切です。例えば、エレベーター内には犬を抱いて乗るとか、共用部で排泄をすることは禁止などのルールは決めておいたほうがいいでしょう。きちんと明記することによって後のトラブルを防止できます。

 

きちんと飼育のルールを決めておく

賃貸経営でペットを認めるという方針を出したのであれば、きちんと明文化して飼育のルールを決めておく必要が出てきます。ペット可の場合であれば、ペットの種類とその数をきちんと書いておきます。

関連記事

  1. 賃貸経営においてペット可は損もあれば得する面もある
  2. 賃貸経営においてペット可の成功のポイントは周辺に少ないこと
  3. 賃貸経営においてペットを認めるなら、原状回復や敷金のルールを決め…

カテゴリー

アーカイブ

ピックアップ記事

PAGE TOP