未分類

賃貸経営においてペット可は損もあれば得する面もある

入居者を集めたいということでペット可にしているオーナーもいるのではないでしょうか。しかし、賃貸経営の上では損をする部分もあれば得をする部分もあって、実際に天秤にかけた時にはかなり拮抗するのではないでしょうか。どんな面においても表と裏があるように、ペット可物件にも良いところと悪いところの両方がありますので、そういうところを紹介していきます。

 

ペット好きを呼び込むためにそういう人たちに受け入れる設備を備える

ペットを飼育するための設備がある程度用意されていたのであれば、ペット好きの人であればそういうところに住んでみたいと思うのではないでしょうか。ペット可物件が珍しいわけですので、今まで断られてきた人を迎えることができるでしょうし、こういう入居者は比較的長く入居してくれる傾向にありますので、入居率が高まります。

ペットを飼育するための設備をきちんと用意するのにお金がかかりますが、周辺の家賃相場よりも高い家賃を設定することもできますので、賃貸経営を行う上ではいいのではないでしょうか。しかし、ペットを管理するという手間は今まで以上かかる点には注意してください。

 

ペット嫌いの人は関心を持ってくれない

ペット可物件をアピールする上で注意しないといけないのは、ペットが嫌いな人や清潔感の強い人、アレルギーを持つ人に関しては避けられる可能性はあるでしょう。こういう人たちを無視してペット好きを呼び込むというのも戦略としてはアリです。

 

ペット可のメリットとデメリットを良く考える

ペット可にするとペットと住みたい人が集まってきますので、そういう人を呼び込むことができるでしょう。しかし、ペット可にするとペットが嫌いな人などを逃がす可能性があります。メリットとデメリットを良く考えてから決断してください。

関連記事

  1. 賃貸経営においてペット可の成功のポイントは周辺に少ないこと
  2. 賃貸経営においてペットを認めるなら、原状回復や敷金のルールを決め…
  3. 賃貸経営において他の入居者に迷惑を及ぼさない飼育のルールを取り決…

カテゴリー

アーカイブ

ピックアップ記事

PAGE TOP